神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
初回30分無料の法律相談(土日夜間可、子連れ可、予約制、待合室あり)を行っています。安心を与える丁寧な説明と事件処理を心がけています。ご予約はTEL079-562-3911です。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、債権回収など法律問題は一人で悩まれていても解決しません。まずはお気軽にご相談ください。

「和菓子のアン」 by 坂木司

2021年03月03日

和菓子のアン」 by 坂木司

和菓子屋で働き始めた18歳の女の子の成長を、和菓子のうんちくを混ぜながら描いた小説です。

和菓子一つ一つの意味、デパートのお菓子売場の裏側を知れて面白かったです。

その和菓子屋の店長さんが洋菓子と和菓子の違いを説明した以下のセリフも良かったです。

「この国の気候や湿度に合わせ、この国で採れるものを使い、この国の人びとの冠婚葬祭を彩る。

それが和菓子の役目」

読み終わってふとココ・シャネルさんの次の名言を思い出しました。

「ひとつ花の名前がわかれば、世界の謎がひとつ消えていきます。

すると、この世界が、その分だけ単純に、わかりやすくなっていく。

『だから、人生は素晴らしいし、生きることは楽しい』」

色々なことを知るのは、楽しいですね。


「和菓子のアン」

■神戸三田法律事務所は、三田市役所の隣で平成24年の開設以来、『依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること』を大切にして業務を行っています。

☛こちらは、無料法律相談(土日夜間可)@三田市のご予約方法です。
☛こちらは、弁護士のプロフィールです。
☛こちらは、広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策の内容です。
☛こちらは、交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市グルメ情報等のブログの目次です。

by 兵頭尚(三田市の弁護士)
  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 18:13読書

「風景との対話」 by 東山魁夷

2021年03月03日

風景との対話」 by 東山魁夷

アマゾンで本を検索していると、お勧め本が上がってきます。

どのような基準で選んでいるのかはわかりませんが、なかなか良い本を勧めてきます。

「風景との対話」は、アマゾンのお勧めに上がって来て、以下の説明文を読んで続きが読みたくなり、購入した本です。

「絵になる場所を探すという気持ちを棄てて、ただ無心に眺めていると、相手の自然のほうから、私を描いてくれと囁きかけているように感じる風景に出合う。

その、何でもない一情景が私の心を捉え、私の足を止めさせ、私のスケッチブックを開かせる。」

東山魁夷さんの風景との関わり方が興味深く、面白かったです。


「風景との対話」

■神戸三田法律事務所は、三田市役所の隣で平成24年の開設以来、『依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること』を大切にして業務を行っています。

☛こちらは、無料法律相談(土日夜間可)@三田市のご予約方法です。
☛こちらは、弁護士のプロフィールです。
☛こちらは、広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策の内容です。
☛こちらは、交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市グルメ情報等のブログの目次です。

by 兵頭尚(三田市の弁護士)  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 17:54読書

「おとうさんのちず」 by ユリ・シュルヴィッツ

2021年02月16日

おとうさんのちず」 by ユリ・シュルヴィッツ

戦争で食べる物がない時に、お父さんがパンではなく地図を市場で買ってきたとの著者の子供の頃の思い出を書いた絵本です。

この絵本の中では、地図は、空想、希望を与えてくれるものの象徴として描かれています。

五木寛之さんが、「生きるヒント1」(70頁)の中で、「彼(「夜と霧」の著者、V・E・フランクル)が(ユダヤ人強制収容所から)生還できたのは、おそらく彼を支える科学者としての知性と、信仰、そしてあくなき人間に対する希望、そういうものであったにちがいありません。」と書かれていたのを思い出しました。

大人は、子供にパンを残すべきなのか、地図を残すべきなのか難しい問題です。


「おとうさんのちず」

■神戸三田法律事務所は、三田市役所の隣で平成24年の開設以来、『依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること』を大切にして業務を行っています。

☛こちらは、無料法律相談(土日夜間可)@三田市のご予約方法です。
☛こちらは、弁護士のプロフィールです。
☛こちらは、広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策の内容です。
☛こちらは、交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市グルメ情報等のブログの目次です。

by 兵頭尚(三田市の弁護士)  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 14:43読書

「自由への手紙」 by オードリー・タン

2021年02月15日

自由への手紙」 by オードリー・タン

オードリー・タンさんの「自由への手紙」を読みました。

とても頭の回転が早く、バランスの取れた考え方をされていると感じました。

ドラえもんを支援のAIとして評価されていたのがとても面白かったです。

以下のメッセージも印象に残りました。

「自分がどんな人であるかを、表現することが自由です。

自分が自由を手にしたら、握りしめずに共有して、みんなを自由にする。

自由とは受け取るものではなく、惜しみなく与えるものです。

自由を共有すること。それこそ、私たちがつくる自由への道です。」

(「自由への手紙」p11)


「自由への手紙」

■神戸三田法律事務所は、三田市役所の隣で平成24年の開設以来、『依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること』を大切にして業務を行っています。

☛こちらは、無料法律相談(土日夜間可)@三田市のご予約方法です。
☛こちらは、弁護士のプロフィールです。
☛こちらは、広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策の内容です。
☛こちらは、交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市グルメ情報等のブログの目次です。

by 兵頭尚(三田市の弁護士)
  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 18:27読書

「茗荷谷の猫」 by 木内昇

2021年02月12日

茗荷谷の猫」 by木内昇

以前、当ブログで紹介した「ぱりのすてきなおじさん」と同じく、日本経済新聞夕刊での岩田徹氏の紹介文を見て、読みました。

幕末から昭和にかけての人々を描いた小説です。

別々の人生が影響を与え合うでもなくゆるやかに繋がっているストーリーです。

印象に残っているのは、ソメイヨシノ(染井吉野)という桜を生み出した職人の話です。

侍の身分を捨てて植木職人になり、苦労してソメイヨシノを生み出しながらも、それで財を得ようとしない生き方に惹かれました。

全体を通して、不思議な味合いの小説でした。


「茗荷谷の猫」

■神戸三田法律事務所は、三田市役所の隣で平成24年の開設以来、『依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること』を大切にして業務を行っています。

☛こちらは、無料法律相談(土日夜間可)@三田市のご予約方法です。
☛こちらは、弁護士のプロフィールです。
☛こちらは、広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策の内容です。
☛こちらは、交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市グルメ情報等のブログの目次です。

by 兵頭尚(三田市の弁護士)  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 10:08読書