神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
三田市(三田市役所前)で弁護士による無料法律相談(土日夜間可)を行っています。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、顧問業務などは三田市役所前の神戸三田法律事務所までお気軽にご相談ください。

Q 自己破産した場合、旅行ができなくなりますか?

2018年12月13日

破産法37条1項には、「破産者は、その申立てにより裁判所の許可を得なければ、その居住地を離れることができない。」とあります。

そうすると、破産者は、破産の手続中、自由に旅行できないとなりそうです。

しかし、自己破産には、同時廃止(破産管財人が付かない手続き)と管材事件(破産管財人が付く手続き)の2種類があります。

同時廃止の手続きは、破産手続きが開始すると同時に、財産がないため、破産の手続きが終結します。

つまり、同時廃止では、破産法37条1項の破産者の居住制限は問題とはならず、自由に旅行できます。

管材事件であっても、裁判所は、旅行の必要性と破産手続きへの支障の有無・程度を考慮してその許可をするか否かを決定します。

破産者には免責に関する調査に協力する義務がありますので、その義務に違反するような旅行は許可されません。

もっとも、管材事件であっても、破産者が、きちんと免責に関する調査に協力している限り、旅行の許可が出ない可能性は小さいです。



神戸三田法律事務所 待合室
神戸三田法律事務所の待合室

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 00:03法律(債務整理)

Q自己破産と戸籍、自己破産と選挙権(債務整理)

2018年12月12日

債務整理の相談に来られた方から、「自己破産したことは戸籍に載りますか?自己破産したら選挙権がなくなりますか?」と聞かれることがあります。

答えは、いずれも「いいえ。」です。

自己破産したことが戸籍に載ることはありません。

自己破産をしても選挙権がなくなることはありません。

自己破産という手続きについて不安を感じられるのは当然だと思います。

法律が全てを解決できるわけではありませんが、法的な見通しをできるだけわかりやすく伝えるようにしております。

借金の返済に悩まれている方は、ぜひ神戸三田法律事務所の法律相談をご利用ください。


神戸三田法律事務所 入口正面
神戸三田法律事務所の入口

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士

  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 23:46法律(債務整理)

Q 借金の返済ができない場合、どうすればいいでしょうか?

2018年12月09日

個人の方が借金の返済ができなくなった場合、主に以下の対応策があります。

①過払金請求
②任意整理
③個人再生
④自己破産


①過払金請求
過払金請求は、貸付の金利を利息制限法の上限金利に合わせて過去の取引内容を計算し直し、払いすぎになっていた返済(過払金)を取り返す請求です。

貸付の金利が平成22年に引下げられているので、近年では過払金が発生していることは少なくなっています。

②任意整理
債権者と債務額を確定し、毎月の返済額、返済回数を取り決める手続きです。

債権者との交渉次第ですが、3年~5年の分割払いの合意となることが多いです。

③個人再生
裁判所に対し、個人再生の申立てを行い、債務額の概ね5分の1を3年で分割払いする代わりに、残額を免除することを認めてもらう手続きです(弁済額は事案によって異なります)。

個人再生は、住宅ローンの支払を継続し、住宅を残せる可能性がある点が最大のメリットです。


④自己破産
裁判所に対し、自己破産の申立を行い、免責(債務の支払義務をなくすこと)を認めてもらう手続きです。

自己破産には、同時廃止事件(破産管財人の選任なし)と管財事件(破産管財人の選任あり)の2種類があります。

管財事件では、自由財産として99万円までの財産を手元に残すことができます。

①~④のいずれの手続きであっても、受任手続終了後すぐに受任通知を債権者に発送して、依頼者への取立てを止めるように交渉します。


弁護士兵頭尚

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士





  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 16:09法律(債務整理)

Q 夫の借金を返済する必要がありますか?(債務整理)

2018年12月06日

債務整理のご相談にご夫婦で来られる方がおられます。

夫の借金が心配で、妻が夫を法律相談に連れてくるような場合です。

そのような場合、法律相談中に、妻の方から、「夫の借金の返済を請求されないか心配です。離婚した方がいいですか?」との質問を受けることがあります。

法律上は、夫婦であっても原則債権債務関係は別々です。

妻が夫の連帯保証人、保証人になっていない場合、妻が夫の借金の返済を債権者から請求されることは法律上ありません。

一方、妻が夫の連帯保証人、保証人になっている場合には、妻は離婚しても自分の保証債務を免れることはできません。

神戸三田法律事務所 入口正面
神戸三田法律事務所の入り口

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 23:53法律(債務整理)

Q 支払督促を無視していいですか?(債務整理)

2018年12月06日

借金の相談に来られた方が、「裁判所から手紙が来たが無視していたら、知らない会社から請求書が届くようになった。」と言われることがあります。

そのような場合、持参された資料を確認させて頂くと、裁判所から来た手紙が支払督促が申立てされたとの連絡であることがよくあります。

消費者金融の会社からの借金は、最後の返済から5年で時効になります。

しかし、時効になった債権について、支払督促を申し立てる業者が近年増えてきています。

支払督促を無視して、異議を出さずにいると、判決と同じ効力が生じ、時効が支払督促確定から10年になってしまいます。

そのような債権を譲り受けて取り立てをする業者も最近非常に増えています。

裁判所から来た手紙、通知書は絶対に無視しないことが大切です。

ただし、裁判所を装った架空請求の葉書は無視するのが一番です。

判断に悩まれたら、ぜひ、神戸三田法律事務所の無料相談をご利用ください。

神戸三田法律事務所 入口
神戸三田法律事務所の入り口

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士

  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 00:44法律(債務整理)