神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
三田市(三田市役所前)で弁護士による無料法律相談(土日夜間可)を行っています。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、顧問業務などは三田市役所前の神戸三田法律事務所までお気軽にご相談ください。

Q 弁護士特約の利用方法~出張法律相談

2019年01月09日

弁護士特約の内容は保険会社によって異なりますが、法律相談料が10万円まで出る保険が多いです。

そして、弁護士特約を利用しての法律相談には、出張相談が含まれていることが多いです。

ただし、無制限ではなく、必要性がある場合との利用条件が通常あります。

交通事故で入院中など弁護士特約を利用して出張相談を受ける必要性がある場合は、まず、弁護士特約の保険会社に連絡して出張相談が可能かをご確認されることをお勧めいたします。

なお、弁護士特約が利用できなくて出張相談を希望される方には、移動時間を含めて30分5000円(消費税別)の相談料と交通費で対応させて頂いております。

ポイント解説

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士
  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 23:35法律(交通事故)

Q 弁護士特約の利用方法~弁護士の見つけ方

2019年01月09日

弁護士特約を使って弁護士を依頼する場合、大きくわけて以下の2つの方法があります。

①保険会社に弁護士特約を利用したいと伝えて、弁護士の紹介を受ける方法

②自分で弁護士を見つけて、保険会社に弁護士特約を利用したいと伝える方法

弁護士の知り合いがいないとの理由で、①の方法を選ばれる方が多いかと思います。

しかし、①の方法では、ご自宅から遠い弁護士を紹介されて打合せに苦労する、弁護士と相性が合わない時に変更を言いにくいというデメリットがあります。

多くの法律事務所が交通事故の法律相談を行っており、弁護士特約で法律相談料を支払える場合がほとんどです。

もちろん、神戸三田法律事務所でも、弁護士特約を利用しての交通事故の法律相談をお受けしています。

色々な弁護士に法律相談を受けて、相性の合う弁護士を探す②の方法をお勧めいたします。

具体的には、まず、弁護士特約の保険会社に弁護士特約から法律相談料が支払われるかを確認してから、お近くの法律事務所に「弁護士特約を利用して法律相談を受けたい。」と電話をすることをお勧めいたします。

交差点

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士

  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 23:17法律(交通事故)

Q 自賠責保険と任意保険の関係(交通事故)

2018年12月13日

自賠責保険は最低限度の保険で、任意保険は自賠責保険の上乗せの保険です。

例えば、同じ交通事故で、自賠責保険の基準での賠償額が40万円、任意保険での基準での賠償額が100万円ということがあります。

この場合、交通事故の被害者は、まず自賠責保険から40万円を受領し、さらに任意保険から上乗せ部分の100-40=60万円の支払いを受けることができます。

しかし、それでは、交通事故の被害者にとって二度手間となってしまいます。

そこで、多くの保険会社が、任意保険の基準での賠償額100万円を被害者に支払い、任意保険会社が自賠責保険に40万円を求償するとの対応をしています。

この対応を、一括対応といいます。

どちらであっても、被害者が受領できる賠償額は、合計100万円です。


車

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士


  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 22:42法律(交通事故)

Q日弁連交通事故相談センター

2018年11月29日

日弁連交通事故相談センターをご存じでしょうか。

日弁連交通事故相談センターは、全国の弁護士が自動車事故に関する損害賠償問題の適正かつ迅速な処理を促進する目的で運営している公益財団法人です。

日弁連交通事故相談センターは、日本全国の相談所で相談を、本部及び39支部では示談あっせんおよび審査を弁護士が無料で行っています。

私も、日弁連交通事故相談センターの相談員とあっせん委員をしています。


あっせんは、申立人(交通事故の被害者)と相手方(加害者、加害者加入の保険会社等)の主張の調整を図る手続きです。

普段の仕事とは違い、双方の主張を聞くことができますので、やりがいがあり勉強になります。

交通事故

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 23:33法律(交通事故)

Q加害者の保険会社から治療を止めるように言われていますが、どうすればいいでしょうか?(交通事故)

2018年11月21日

交通事故で法律相談に来られた方から、「加害者の保険会社から治療を止めるように言われていますが、どうすればいいでしょうか?」との質問を受けることがよくあります。

多くの方が、加害者の保険会社から治療を止めるように言われたら、従わなければいけないと考えてしまいがちです。

しかし、治療の必要性、相当性を判断するのは、加害者の保険会社ではなく、主治医です。

加害者の保険会社に治療を止めるように言われても、従う義務はありません。


もっとも、何の対処もしないと加害者の保険会社は治療費の支払いを停止してきます。

どのように、対処すべきかは、受傷内容、治療経過、主治医の意見等によって異なりますので、判断に悩まれたら弁護士の法律相談を受けられることをお勧めいたします。

弁護士兵頭尚

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 00:36法律(交通事故)