神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
三田市(三田市役所前)で弁護士による無料法律相談(土日夜間可)を行っています。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、顧問業務などは三田市役所前の神戸三田法律事務所までお気軽にご相談ください。

Q 自転車が相手の場合の損害賠償額はどうやって決まりますか?(交通事故)

2018年04月07日

Q 自転車が相手の場合の損害賠償額はどうやって決まりますか?(交通事故)

加害者が自転車に乗っていた場合でも,損害賠償額は,加害者が自動車に乗っていた場合と同じように計算します。

大きく違うのは,後遺障害の取扱いです。

加害者が自動車に乗っていた場合には,後遺障害の等級を損害保険料率算出機構が認定します。

しかし,加害者が自転車に乗っていた場合には,損害保険料率算出機構は後遺障害の等級認定を行いません。

そのため,被害者の症状が,後遺障害の等級に該当する程重いことを,丁寧に主張立証する必要があります。

損害保険料率算出機構が認定しない以上,裁判で決着を付けることがどうしても多くなりますが,加害者の保険会社が交渉段階で被害者の症状が後遺障害等級に該当する程重いことを認め,後遺障害慰謝料・逸失利益を認めることもあります。

ポイント解説

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 17:25法律(交通事故)

Q 車上荒らしと弁護士特約?(交通事故)

2018年04月05日

Q 車上荒らしと弁護士特約?(交通事故)

車上荒らしに遭った時、加害者への損害賠償請求に自動車保険の弁護士特約は使えるのでしょうか。

弁護士特約の規約は、例えば、「被保険者が自動車を所有、使用又は管理することによって起因する事故によって被った損害について、損害賠償請求する費用を負担することによって生じた損害に対して、弁護士費用保険金を支払います」と規定されています。

車荒らしは、通常故意なので、弁護士特約にいう「事故」が故意による事故を含むかが問題になります。

対応は保険会社によって異なると思いますが、私の経験では、駐車していた車を故意に傷つけられた事案で加害者への損害賠償請求に弁護士特約を使えたことがあります。

弁護士特約を利用できるかに迷われた場合には、ぜひ神戸三田法律事務所の無料相談をご利用ください。

交通事故

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 23:36法律(交通事故)

Q 交通事故の加害者が保険を使ってくれない場合の対応(交通事故)

2018年04月03日

Q 交通事故の加害者が保険を使ってくれない場合の対応(交通事故)

交通事故の被害者の方から、「加害者が保険を使ってくれないけど、どうしたらいいですか?」との相談を受けることがあります。

任意保険に加入しているにもかかわらず、交通事故に任意保険を使ったことで保険料が上がるのを嫌がって保険を使わないで示談を持ちかける加害者がいます。

私の経験上も、弁護士名で加害者に通知書を送って交渉したり、訴訟提起したりして初めて加害者が保険を使った事案があります。

絶対にしてはいけないのは、被害状況がわからないうちに示談してしまうことです。

いったん示談してしまうと、原則として、後で痛みが出たりしても損害賠償を受けられなくなります。

まずは、裁判基準での損害賠償額を確定させてから、加害者がそれを支払うのかを確認することが大切です。

交通事故

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士
  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 21:18法律(交通事故)

Q 弁護士をいつ依頼すればいいでしょうか?(交通事故)

2018年03月30日

Q 弁護士をいつ依頼すればいいでしょうか?(交通事故)

交通事故でご相談に来られた方から、「弁護士はいつ依頼するのがいいでしょうか?」と聞かれることがあります。

例えば離婚事件や遺産分割事件では、家族である相手方が弁護士を依頼したことで、態度を硬化させる場合もあるので、受任のタイミングを慎重に計ることがあります。

しかし、交通事故では、相手方は加害者や加害者側保険会社であり、そのような配慮をする必要がありません。

交通事故発生直後や治療中であっても、弁護士を依賴されることで、加害者側保険会社との交渉を全て任せることができ、治療に専念することができます。

交通事故においては、弁護士を依頼する場合には、早ければ早いほどメリットがあります。

特に、弁護士特約を利用される場合には、自己負担額0円で弁護士を依頼できますので、早く依頼されることをお勧めします。

もっとも、弁護士特約を利用できない場合には、得られる利益と弁護士費用のバランスを見るために、治療経過を見守り、継続相談をお勧めすることもあります。

交通事故

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士



  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 19:07法律(交通事故)

Q 後遺障害とは何ですか?(交通事故)

2018年02月12日

Q 後遺障害とは何ですか?(交通事故)

交通事故でご相談に来られた方から、「後遺障害とは何ですか?」と聞かれることがあります。

後遺障害とは、症状固定(症状固定とは、わかりやすく言うと、治療の効果が現れなくなった時です。)の時点で、治りきらないで身体に残っている障害のことです。

後遺障害の等級は、1級(一番重い)~14級(一番軽い)に分かれています。

等級が非該当となることもあります。

後遺障害の等級を決めるのは、加害者側の保険会社でも裁判所でもありません。

後遺障害の等級を決めるのは、損害保険料率算出機構という所です。

後遺障害の等級が決まるまでの時間は、事案によって大きく異なります。

むち打ちで特に問題点がなければ、2か月程度ですが、後遺障害の内容によっては半年以上かかることもあります。

後遺障害の等級によって、後遺障害慰謝料と逸失利益(将来得られなくなった収入等です。)が変わりますので、後遺障害の等級は損害賠償額に大きく影響を与えます。

交通事故は専門用語が多く出てきますので、法律相談ではできるだけわかりやすい説明を心がけています。

もし、私が法律相談でわかりにくい言葉で説明をしてしまっていたら、ご遠慮なくご質問ください。


弁護士兵頭尚

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士

  


Posted by 神戸三田法律事務所 at 13:43法律(交通事故)