神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
初回30分無料の法律相談(土日夜間可、子連れ可、予約制、待合室あり)を行っています。安心を与える丁寧な説明と事件処理を心がけています。ご予約はTEL079-562-3911です。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、債権回収など法律問題は一人で悩まれていても解決しません。まずはお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所【三田市役所隣で平成24年開所,無料相談可】  › 法律【遺言相続】 › Q 遺言書を作成する時に預金残高は記載した方がいいか?(遺言相続)

Q 遺言書を作成する時に預金残高は記載した方がいいか?(遺言相続)

2018年12月24日

遺言書の作成方法を相談に来られた方から、「遺言書を作成する時に預金残高は記載した方がいいか?」と聞かれたことがあります。

遺言書の遺産目録に、遺言者が所有している預金口座の金融機関名、支店名、口座番号を列挙する時に、各口座ごとの預金残高を記載するべきかという問題です。

一般的には、遺産目録に預金残高は記載しない方がよいです。

遺産目録に預金残高を記載すると、後で預金残高が変動した時に、その分が遺言の対象から外れてしまう可能性があるからです。

遺言書の他の文言でそのことに配慮がされていれば、大丈夫ですが、「遺産目録に預金残高は記載しない方がよい」と考えていた方が安全です。

弁護士兵頭尚

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士






同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事画像
Q 遺産分割調停を途中で止めることができますか? 【遺産分割】 
Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】
Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】
Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】
Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】
Q 自筆証書遺言保管制度のメリット 【遺言相続】 2020年12月更新
同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事
 Q 遺産分割調停を途中で止めることができますか? 【遺産分割】  (2020-12-12 22:24)
 Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】 (2020-09-18 18:08)
 Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】 (2020-09-17 18:55)
 Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】 (2020-09-17 18:49)
 Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】 (2020-09-08 23:03)
 Q 自筆証書遺言保管制度のメリット 【遺言相続】 2020年12月更新 (2020-09-04 08:57)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 08:18 │法律【遺言相続】

この記事へのトラックバックURL