神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
初回30分無料の法律相談(土日夜間可、子連れ可、予約制、待合室あり)を行っています。安心を与える丁寧な説明と事件処理を心がけています。ご予約はTEL079-562-3911です。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、債権回収など法律問題は一人で悩まれていても解決しません。まずはお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所【三田市役所隣で平成24年開所,無料相談可】  › 法律【遺言相続】 › Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】

Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】

2020年09月08日

相続人と連絡が取れなくて、遺産分割協議が進められないことをきっかけに法律相談に来られた方から、遺産分割協議の代理人を受任することがあります。

そのようなご依頼を受けた場合、まずは、連絡が取れない相続人の住民票・戸籍を取得します。

相手となる相続人の住所地が判明し、ご存命であることが確認できたら、「代理人に就任したので、連絡をください」と伝える手紙を送付します。

1回で連絡を頂けない場合には、2回、3回と送付し、それでも連絡が取れない場合には、住所地を訪問して居住調査をします。

なかなか連絡をくれなかった相続人も、遺産分割協議に応じないと遺産分割調停申立をすることを伝えて説得すると連絡をくれることがあります。

それでも相続人と連絡が取れない場合には、以下のように手続きを進めます。

まず、居住調査で相続人が住民票所在地に居住していることが確認できた場合には、家庭裁判所に遺産分割調停申立を行います。

次に、居住調査で相続人が住民票所在地に居住していることが確認できなかった場合には、不在者財産管理人の選任申立、失踪宣告申立を検討します。

不在者財産管理人とは、行方不明の人の財産管理人です。不在者財産管理人が家庭裁判所に選任された後、不在者財産管理人と遺産分割協議・調停を行ないます(詳細は裁判所のHPを参照ください。)。

また、失踪宣告とは、7年間生死不明の場合等にその者を法律上死亡したものとみなす制度です(詳細は、裁判所のHPを参照ください。)。

相続人と連絡が取れなくてお困りの場合には、ぜひ神戸三田法律事務所の無料法律相談をご利用ください。


【三田市役所の隣で平成24年の開設以来、『依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること』を大切にして業務を行っています。】

☛こちらは、広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策の内容です。

☛こちらは、交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市グルメ情報等のブログの目次です。

☛こちらは、弁護士による無料法律相談(土日夜間可)のご予約方法です。

by 弁護士兵頭尚

神戸三田法律事務所の相談室(相談者側)
神戸三田法律事務所の相談室



同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事画像
Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】
Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】
Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】
Q 自筆証書遺言保管制度のメリット
Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか?
Q 遺産分割前に預金を払戻しできますか?
同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事
 Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】 (2020-09-18 18:08)
 Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】 (2020-09-17 18:55)
 Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】 (2020-09-17 18:49)
 Q 自筆証書遺言保管制度のメリット (2020-09-04 08:57)
 Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか? (2020-08-20 10:35)
 Q 遺産分割前に預金を払戻しできますか? (2020-08-10 10:00)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 23:03 │法律【遺言相続】

この記事へのトラックバックURL