神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
初回30分無料の法律相談(土日夜間可、子連れ可、予約制、待合室あり)を行っています。安心を与える丁寧な説明と事件処理を心がけています。ご予約はTEL079-562-3911です。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、債権回収など法律問題は一人で悩まれていても解決しません。まずはお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所【三田市役所隣で平成24年開所,無料相談可】  › 法律【遺言相続】 › Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】

Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? 【遺言相続】

2020年09月17日

相続発生から遺産分割までの間に遺産を処分した場合の遺産の範囲について法改正がありました。

従来、この点は明文がなく、遺産分割調停では、相続人全員の同意がない限り,遺産の処分(預金払戻等)によって得た利益を考慮しないとの運用がされていました。

そうすると、遺産の処分をした相続人が処分した遺産を遺産分割の対象とすることに同意しない場合には、処分された遺産の分配については遺産分割調停では判断できず、民事訴訟で判断されることになります。

例えば、一人の相続人が預金を勝手に払戻し、そのお金を遺産分割の対象とすることに同意しない場合、目の前にある遺産は相続分どおりで分配し、払戻したお金の回収は他の相続人が民事訴訟で行わなければいけなくなります。

したがって、他の相続人が、訴訟費用の負担、回収不能リスクの負担を担うことになってしまい、不公平です。

そこで、改正民法906条の2では、一部の相続人が遺産分割前に遺産を処分した場合、当該相続人の同意なく、その処分財産が遺産分割時に存在するとみなされました。

改正民法906条の2は、令和元年7月1日以降の相続に適用されます。


【三田市役所の隣で平成24年の開設以来、『依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること』を大切にして業務を行っています。】

☛こちらは、無料法律相談(土日夜間可)のご予約方法です。
☛こちらは、弁護士のプロフィールです。
☛こちらは、広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策の内容です。
☛こちらは、交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市グルメ情報等のブログの目次です。

by 弁護士兵頭尚

神戸三田法律事務所の置物
神戸三田法律事務所相談室の棚



同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事画像
Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】
Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】
Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】
Q 自筆証書遺言保管制度のメリット
Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか?
Q 遺産分割前に預金を払戻しできますか?
同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事
 Q 特別寄与料とは? 【遺言相続】 (2020-09-18 18:08)
 Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? 【遺言相続】 (2020-09-17 18:55)
 Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 【遺産相続】 (2020-09-08 23:03)
 Q 自筆証書遺言保管制度のメリット (2020-09-04 08:57)
 Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか? (2020-08-20 10:35)
 Q 遺産分割前に預金を払戻しできますか? (2020-08-10 10:00)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 18:49 │法律【遺言相続】

この記事へのトラックバックURL