神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
三田市(三田市役所前)で弁護士による無料法律相談(土日夜間可)を行っています。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、顧問業務などは三田市役所前の神戸三田法律事務所までお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所(無料相談のご予約は079-562-3911まで)  › 相談予約 › Q法律相談の予約時に,相手方の名前を聞かれるのはなぜですか?

Q法律相談の予約時に,相手方の名前を聞かれるのはなぜですか?

2013年03月20日

A 弁護士には,「事件の当事者両方から相談を受けてはいけない」とのルール(利益相反の禁止)があります。

  ご相談の事件について相手方から既に相談を受けていた場合には,ご相談を伺うことが出来ません。

  神戸三田法律事務所では,相談を受けた方のお名前を業務管理ソフトに記録しており,相談受付時に相手方の名前をそのソフトで確認することで,同じ事件の当事者双方から相談を受けないようにしています。

そのため,相談受付時に,相手方の名前を確認させて頂いています。

相談時に相手方から既に相談を受けていたことが判明した場合には,その時点で相談を中止することになりますので,相談受付時の相手方確認にご協力をお願い致します。









同じカテゴリー(相談予約)の記事
 Q法律相談をした場合,事件の依頼をしなければいけませんか? (2013-03-20 12:57)
 Q法律相談の日時は,どうやって決まりますか? (2013-03-20 12:46)
 Q法律相談を予約する時には,何を聞かれますか? (2013-03-20 12:19)
 Q法律相談の予約はどうすればいいですか? (2013-03-20 12:07)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 12:38 │相談予約

この記事へのトラックバックURL