神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
初回30分無料の法律相談(土日夜間可、子連れ可、予約制、待合室あり)を行っています。安心を与える丁寧な説明と事件処理を心がけています。ご予約はTEL079-562-3911です。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、債権回収など法律問題は一人で悩まれていても解決しません。まずはお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所【三田市役所隣で平成24年開所,無料相談可】  › 法律【労働問題】 › Q セクハラを理由とする懲戒解雇の注意点(労働問題)

Q セクハラを理由とする懲戒解雇の注意点(労働問題)

2014年05月15日

Q セクハラを理由とする懲戒解雇の注意点(労働問題)

労働判例1085号に,セクハラを理由とする懲戒解雇について参考となる裁判例がありました。

その裁判例とは,学校法人A学院ほか事件(大阪地裁平成25年11月8日判決)です。

事案は,同僚の女性教員へのセクハラ(車中での暴行,わいせつ行為)を理由に懲戒解雇をしたというものです。

裁判所は,当該女性教員の被害申告を事実とは認めず,懲戒解雇を無効としました。

セクハラは証拠や証言がなく,被害者の申告内容が事実か否かを判断するのが困難なことがよくあります。

社内調査でセクハラの事実があったと判断して懲戒解雇をしても,裁判でセクハラの事実が認められないこともあります。

社内調査は,裁判で争われた場合のことを考慮して,十分に行うことが必要です。

懲戒解雇の手続きについて疑問がありましたら,ぜひ神戸三田法律事務所(三田市役所前)の無料法律相談をご利用ください!

Q セクハラを理由とする懲戒解雇の注意点(労働問題)



























☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士



同じカテゴリー(法律【労働問題】)の記事画像
Q 残業代請求(介護職)
Q 退職代行(労働問題)
労働新聞社主催セミナー@広島
労務管理セミナー出席のお礼
労働問題セミナー開催のお知らせ!
書籍出版のお知らせ
同じカテゴリー(法律【労働問題】)の記事
 Q 残業代請求(介護職) (2020-08-11 17:51)
 Q 退職代行(労働問題) (2018-12-25 18:20)
 労働新聞社主催セミナー@広島 (2014-08-14 09:29)
 労務管理セミナー出席のお礼 (2014-07-26 15:46)
 労働問題セミナー開催のお知らせ! (2014-06-01 18:43)
 書籍出版のお知らせ (2014-06-01 18:21)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 10:00 │法律【労働問題】

この記事へのトラックバックURL