神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
三田市(三田市役所前)で弁護士による無料法律相談(土日夜間可)を行っています。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、顧問業務などは三田市役所前の神戸三田法律事務所までお気軽にご相談ください。

Q 貸金債権の消滅時効(債務整理)

2018年04月11日

Q 貸金債権の消滅時効(債務整理)

貸金業者の債権は、通常、最後の返済から5年で時効で消滅します。

しかし、5年が経過しても当然に消滅するわけではありません。

債務者(借りている人)が、時効を援用する(主張する)との意思表示を債権者(貸している業者)に対して行なうことが必要です。

最近、債権回収業者が、債務者が時効援用しない可能性にかけて、訴訟提起、支払督促申立を行なうことが増えています。

裁判所から、訴状、支払督促申立書等の書類が届いても、対応がわからなくて無視する方が少なからずおられます。

裁判所から届いた訴状、支払督促申立書等の書類を無視していると、時効援用の反論をできずに負けてしまい、債務を消すことができなくなります。

裁判所から届いた書類への対応がわからない場合には、ぜひ神戸三田法律事務所の無料相談をご利用ください。

ポイント解説

☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士




同じカテゴリー(法律(債務整理))の記事画像
Q 自己破産した場合、旅行ができなくなりますか?(債務整理)
Q自己破産と戸籍、自己破産と選挙権(債務整理)
Q 借金の返済ができない場合、どうすればいいでしょうか?
Q 夫の借金を返済する必要がありますか?(債務整理)
Q 支払督促を無視していいですか?(債務整理)
Q 自己破産後の生活はどうなりますか?(自己破産)
同じカテゴリー(法律(債務整理))の記事
 Q 自己破産した場合、旅行ができなくなりますか?(債務整理) (2018-12-13 00:03)
 Q自己破産と戸籍、自己破産と選挙権(債務整理) (2018-12-12 23:46)
 Q 借金の返済ができない場合、どうすればいいでしょうか? (2018-12-09 16:09)
 Q 夫の借金を返済する必要がありますか?(債務整理) (2018-12-06 23:53)
 Q 支払督促を無視していいですか?(債務整理) (2018-12-06 00:44)
 Q 自己破産後の生活はどうなりますか?(自己破産) (2018-12-06 00:30)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 18:46 │法律(債務整理)

この記事へのトラックバックURL