神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
三田市(三田市役所前)で弁護士による無料法律相談(土日夜間可)を行っています。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、顧問業務などは三田市役所前の神戸三田法律事務所までお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所(無料相談のご予約は079-562-3911まで)  › 色々 › Q 答弁書の記載が簡単すぎる?

Q 答弁書の記載が簡単すぎる?

2019年01月22日

民事訴訟を提起した場合、訴訟手続上、まず相手方から提出される書面が答弁書です。

民事訴訟を提起された側、すなわち、被告は答弁書を提出せずに、初回期日に欠席すると、敗訴してしまいます。

そのため、ほぼ全ての事案で、被告からは答弁書が提出されます。

もっとも、答弁書には、「原告の請求を棄却するとの判決を求める。おって、準備書面で反論を行う。」としか記載されないのが通常です。

この程度の記載しかされないのは、訴えを提起される側は、訴状を受け取ってから初回期日までの約1か月で、訴状への反論を作成しなければいけず、詳細な反論を作成する時間がないからです。

答弁書の記載が簡単すぎるからと言って、相手の対応が不誠実とは必ずしも言えません。

民事訴訟の手続きや用語は、わかりにくいかと思います。

法律相談では、わからないことがありましたら、ご遠慮なくご質問ください。





☛神戸三田法律事務所では,「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にしています。
5つの安心ポイントをぜひ参照ください。)

無料法律相談(土日夜間可)のご予約はこちら

☛当事務所のアクセスはこちら

by 神戸三田法律事務所(三田市役所前)の弁護士



同じカテゴリー(色々)の記事画像
三田スカイランタン
三田市がサンタ市になる季節がやってきました。
三田スカイランタンがもうすぐ開催されます
法テラスの利用方法
三田市武庫川の桜
パネルディスカッション「市民活動におけるハラスメント対策」
同じカテゴリー(色々)の記事
 三田スカイランタン (2018-12-24 08:07)
 三田市がサンタ市になる季節がやってきました。 (2018-12-07 19:43)
 三田スカイランタンがもうすぐ開催されます (2018-12-05 23:40)
 法テラスの利用方法 (2018-04-13 20:32)
 三田市武庫川の桜 (2018-03-31 15:37)
 パネルディスカッション「市民活動におけるハラスメント対策」 (2018-02-18 16:39)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 22:59 │色々

この記事へのトラックバックURL