神戸三田法律事務所
三田市役所前
弁護士兵頭尚
初回30分無料の法律相談(土日夜間可、子連れ可、予約制、待合室あり)を行っています。安心を与える丁寧な説明と事件処理を心がけています。ご予約はTEL079-562-3911です。交通事故、遺産分割、労働問題、債務整理、離婚、債権回収など法律問題は一人で悩まれていても解決しません。まずはお気軽にご相談ください。
神戸三田法律事務所【三田市役所隣で平成24年開所,無料相談可】  › 法律【遺言相続】 › Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか?

Q 葬儀費用を支払うと相続放棄ができなくなるか?

2020年08月20日

法律相談で、「葬儀費用を支払うと、相続放棄ができなくなりますか?」とのご質問を受けることがあります。

相続人が「相続財産の全部又は一部を処分したとき」は、単純承認とみなされ、相続放棄ができなくなります(民法921条1号)。

例えば、裁判所は、遺産の債権の取り立て、遺産分割協議をすること、相続財産の家屋の取り壊しが処分にあたると判断しています。

そこで、葬儀費用の支払いが、この「処分」にあたるかが問題になります。

まず、相続人が自分のお金で葬儀費用を支払うことは、「処分」にあたりません。

そして、相続人が、遺産から葬儀費用を支払うことについては、「遺族として当然営まさるへからさる葬式費用に相続財産を支出するか如きは道義上必然の所為にして「処分」に該当しないとの裁判例があります(東京控判昭和11年9月21日)。

かなり古い裁判例ですが、一般に学説上支持されています。

この裁判例からすると、後日、相続放棄の有効性が争われた場合には、葬儀費用の支払いは「処分」に該当しないと裁判官に判断してもらえる可能性が高いといえます。

ただし、そのように判断してもらうためには、遺産を葬儀費用にだけ使用したことの証拠が必要となります。


【神戸三田法律事務所は三田市役所の隣で平成24年の開設以来、「依頼者の皆様が安心できる法的サービスを提供すること」を大切にして業務を行っています。】

☛広い相談室への空気清浄機の設置等の新型コロナウィルス感染症対策をしています。

☛交通事故、遺言相続、離婚、債務整理、三田市のグルメ情報等のブログの目次です。

弁護士による無料法律相談(土日夜間可)のご予約方法です。

by 弁護士兵頭尚

神戸三田法律事務所の相談室(相談者側)
神戸三田法律事務所の相談室



同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事画像
Q 特別寄与料とは?
Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか?
Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は?
Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議
Q 自筆証書遺言保管制度のメリット
Q 遺産分割前に預金を払戻しできますか?
同じカテゴリー(法律【遺言相続】)の記事
 Q 特別寄与料とは? (2020-09-18 18:08)
 Q 配偶者居住権とはどのような権利でしょうか? (2020-09-17 18:55)
 Q 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲は? (2020-09-17 18:49)
 Q 相続人と連絡が取れない場合の遺産分割協議 (2020-09-08 23:03)
 Q 自筆証書遺言保管制度のメリット (2020-09-04 08:57)
 Q 遺産分割前に預金を払戻しできますか? (2020-08-10 10:00)

Posted by 神戸三田法律事務所 at 10:35 │法律【遺言相続】

この記事へのトラックバックURL